全米驚愕!再三炎上のリリーフ陣に対しての大谷翔平のコメントがヤバすぎる!『彼は人間じゃないのか⁉』

全米驚愕!再三炎上のリリーフ陣に対しての大谷翔平のコメントがヤバすぎる!『彼は人間じゃないのか⁉』

みなさんこんにちは。本日もご視聴ありがとうございます。本日のテーマは、敵地でのオークランド・アスレティックス戦において、 『2番ピッチャー』 として先発したエンゼルスの大谷選手。残念ながら、今季5勝目は逃しましたが、6回96球を投げ、 8奪三振 ・ 無失点の快投を披露したのです。この日の大谷選手が見せた投球内容は、 左程悪くも無く、それよりかは緊張感も感じられ、 後半戦初登板としては、最高とも言える出来だったのです。6回に先頭の1番マーク カナを迎えたシーンで大谷選手の投げた1球は、とりわけ見事でした。

今季11本ものホームランをたたき出している手ごわい相手を前に、 92マイル (およそ148km)と、 95マイル (およそ152km)のスピード溢れる球で、あっさりと追い込んだ大谷選手は、カーブをファウルにされてから90マイル (およそ144km)のスプリットで、空振り三振で切り捨てたのです。試合後大谷選手が、「自信のある球」 と語ったスプリットも冴えってい た事から、投球分析家、ロブ・フリードマン氏は自身のツイッターにおいて、「オオタニ選手、 90マイルの最高のスプリット」 と、『切り札』であるスプリットが、随所で称賛されたのです。今やエース級となっている背番号17の降板後に、ブルペン陣が3ランを浴びるなど炎上。エンゼルスは1対4で、 あえなく敗退したのです。

今季幾度となく目にしたエンゼルス投手陣の 『誤算』ですが、救援陣が仇となるシーンをこれまで何度となく見てきたのです。 実際、リリーフの防御率はメジャー全体で23番目となる 4.73と、壊滅的な状況に置かれています。一向に改善される事無く、 またもや先発の好投を、 結果に繋げられなかったエンゼルスのリリーフ陣に対し、アメリカ放送局 『ESPN』 の元番記者だったアルデン・ゴンザレス氏は、「大谷選手は、お察しの通り、一から十、こなす必要があるみたいだ。」 と、揶揄した程。それにも関わらず、何人たりも非難しなかった大谷選手。地元放送局 『Bally Sports West』 によると、試合後の会見において大谷選手は、「すばらしいピッチングをして勝ちたいと思うのは、ピッチャーとしての本能だと思う。」と語った上で、「自分自身の打線に入っているから、皆と一緒に点を取りにいっているので、打つのをためらう気持ちもあるでしょう。

今日も1本しかヒットを打っていないので、自分の打席で勝てる機会を作れたんじゃないかな!」と語っています。 不満が爆発しそうな結果でさえ、 後悔の念を口にした大谷選手。その言葉はアメリカ最大のメディアである、のエンゼルス番のサム・ブラム記者は、「大谷選手が、 敗北の責任は自身にもあると述べてにお いた」と感心していましました。リリーフ陣の取りこぼしをらし、大谷選手の輝かしい才能を活かしつつ、ライバル球団との競争力を高める為には、何を置いてモリリーフ陣の整備が優先事項というのは間違いないでしょう。この対戦における敵将のコメントが注目を集めていましたので、ご紹介しましょう。「試合前、皆に話しをした。 大谷選手を絶対に打ち負かそうと思わなくてもいいって。マウンドから大谷選手を早く降ろせさえすれば「いいんだ。」 エンゼルス戦の後、こう語ったのは、アスレティックスの指揮官ボブメルビン氏です。

最優秀監督賞3度も受賞するなど、はかりごとに秀でた指揮官がそう断言したみたいに、『ピッチャー・オオタニ』 に対する狙いは見事に功を奏したのです。 アスレティックス陣営からすれば、『狙い通り』 だったと言える試合後、指揮官であるボブ・メルビンが話した内容が、 これを如実に証明しているのです。大谷選手のパフォーマンスについて聞れたメルビン監督は、「大谷選手は好投してマウンドを降りた。素晴らしい球だった!」と褒めたたえていました。ですがその一方で、 「僕達は大谷選手を、 ちょっと疲弊させる事もできたんだ。」とも語っています。大谷選手の球数を粘り強く増やし、さっさと降板させる。そうすれば、防御率4.73という弱点を持つエンゼルス投手陣との対戦になります。

100マイル超の速球と球界最高のスプリッターであり、キレキレのスライダーを放つ大谷選手のバッティングと、平凡なピッチャーばかりのブルペン陣。どちらが攻め易いのかは言うまでも無いのです。そして言っていたりに、 大谷選手降板後のリリーフを打ち込み、 アスレティックスは勝利を手にしたのでした。味方が仇となる…..。ピッチャーとしての大谷選手の攻略法は、 大谷選手自身の問題以外にあるみたいなのです。 多分今後もこうした戦い方をするチームが出てくる事は分かり切っています。

.

.

.

 

以下、 海外の反応です。・今シーズン、大谷選手ってどれだけ責任を取らされた・・・!? オランダ大谷選手を好きなところに行かせてあげるべきだって! 彼の才能が台無しになるだけだって…。 韓国バッターはいいけど、ピッチャーは最悪。 大谷選手イグレシアス選手、 サンドバル選手くらいだけだろ?信頼できるのは・・・! 中国どうして大谷選手を責めるんだ・・・!? アメリカ大谷選手の責任じゃない! でもそのリーダーシップは大いに評価するよ! カナダ2ベース打って、6回まで無失点にも関わらず、 責任を取ろうとするとは・・・!だから好きなんだよなぁ〜、 大谷選手って!!フランスあぁ・・・、 たまらない・・・・!!

オオタニ選手の優しさに負けそう・・・。 アメリカやっぱり大谷選手のせいだって! ライトの守備じゃなくて、ピッチングもキャッチもすべきだったんだって・・・! メキシコ・兎に角、 大谷選手が好きなんだよ! 嫌いになる要素が一つも見当たらないしねぇ! 大谷選手の事を悪く言う奴いるけど、俺からしたら信じられないって! プエルトリコやっぱ、大谷選手のせいだって! ホームランを4本打つべきだったんだって! 日本平凡なピッチャーだとしたら、 6回無失点でも十分だけど、なんてったって、 大谷選手なんだ! 期待しちゃうんだって・・・・ ! !