大谷翔平 フランスで大々的に報道!!『日本のベーブルースは…』

大谷翔平 フランスで大々的に報道!!『日本のベーブルースは...』.

こんにちは。 いつもご視聴ありがとうございます。 今回の話題は、2021年はさまざまなスポーツシーンで選手の活躍が目立ちましたよね。そんな中でも特に、アメリカ メジャーリーグ・ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手のインパクトはひときわ大きく、世界中のスポーツファンの記憶に刻まれた事でしょう。アメリカや日本以外の国々でも、2021年の功績が語り続けられており、フランスの野球専門サイトでは、今シーズンの大谷翔平選手の特集記事を配信したのです。

マキシム・トルドー記者が、2021年の大谷翔平選手のパフォーマンスを振り返っている記事の冒頭では、2021年シーズンは、ショウヘイ オオタニの年であったことは野球ファンなら誰もが知っている”と、2021年シーズンの活躍を表し、大谷翔平選手と同じく投手・野手での実績を残したベーブ・ルースの名前を挙げ、“今シーズンを分析することで、 日本のベーブ・ルースがいかに優れていたかが分かる。”として、投打の記録について語っているのです。

トルドー氏は、大谷翔平選手について、「投手として533人のバッターと対戦し、更に打者として639回の打席に立った。 」と、2021年シーズンの出場機会の多さにも触れており、さらに、「アメリカン・リーグのMVPファイナリストであるブラディミール・ゲレーロジュニア選手とマーカス・セミエン選手の対決数が、それぞれ698回と724回だった。このことからもオオタニのMVP満選出は納得の結果だ。」と綴り、 大谷翔平選手の二刀流としてのMVP受賞をたたえました。また同記事では、 大谷翔平選手の総力にもフォーカスしており、スプリントスピード、走塁時の最も早い一秒間の速度が28.8フィートであると指摘し、 他にも、 バッターボックスからの平均タイムが4.09秒と示したその上で、「100打席以上立った全打者の中で、 最も早く出塁した打者であり、 これは魅力的だ。」と大谷翔平選手の走塁のスキルの高さも強調していました。

加えてトルドー氏は、「野球から遠ざかっていた人、興味が薄れていた人みんなが野球を好きになった。」と2021年シーズンの大谷翔平選手のプレーにより野球への注目度が高まったとして、「私がおばあちゃんと一緒にホムランコンテストを見たのも、この人のおかげだ。」と述べていました。MLB史上まれに見る偉業は、 スポーツを愛する世界中の人々の胸を打ち、そして今回の記事では、“最高のシーズンの一つとして長く記憶されることだろう。 としめくくられています。

.

.

 

先日、 大谷翔平選手が“AP通信の2021年最優秀男性アスリート賞”に日本人として初めて選出されたニュースを報じると共に、ターナー選手のコメントを同球団の専門メディアが報じました。当メディアは、記事内で、「マウンドと打席での多大な貢献により、 満場一致でアメリカン・リーグに選ばれた。」と、大谷翔平選手を紹介したのです。この結果には、ターナー選手も納得を示し、「彼がしたことはどこからどう見ても特別なことだった。本当に良かったね。あれは最高だった!」と絶賛の言葉を並べたようです。 さらに記事内では、 過去のコメントも紹介しており、 米放送曲 ESPNのスティーブン・スミス氏が、「“野球界の顔”とされる選手が通訳を必要とするような人物なんてね。 」と大谷翔平選手に対して苦言を呈した際、ターナー選手は、「彼は地球上で最も偉大な選手。オオタニは今、野球界の顔なんだ。」などと擁護していました。

球界のスターからも絶大な指示を集める大谷翔平選手ですが、現在メジャーリーグがロックアウト期間中という状況にもかかわらず、絶えず現地メディアの話題に上がり続けているというわけなのです。2022年の活躍が待ち遠しい”と同メディアが言及する通り、来シーズンの大谷翔平選手のパフォーマンスに期待は高まるばかりですよね。このように、 同じ土俵で戦う選手にもこれだけ評価されてしまう大谷翔平選手はさすがといつたところです。

2021年は二刀流で走り抜け、 最高とも言える成績でMVPを獲得してくれましたが、来シーズンは今シーズン以上の成績が残せるのかにも注目していきたいところですよね。また、守備の要因として試合に出るような報道もされていましたので、外野での守備でのレーザービームなどの場面を見ることができたらまた楽しみが増えますね。ツール・ド・フランスの英雄を何人の日本人が知っているでしょうか?大谷翔平選手が昨シーズン 来シーズンと、ポーツ選手の王者を続ければ野球というスポーツがパリ・オリンピックの競技に付け加えられるなんて事もあり得るかもしれませんね。アメリカ大リーグがオリンピックに消極的なばかりに、野球は世界的スポーツになりえていないという現状があります。大谷翔平選手は、それさえも覆してくれるかもしれないと思えるほどの選手です。

大谷翔平選手は、どこの角度から見たとしてもどの見地から見たとしてもケチのつけようのないくらい、野球を愛するスポーツマンだと言えるでしょう。大谷翔平選手の事をあらゆる面から尊敬している人も多いのではないでしょうか。早く4月が来てほしく、 とても待ち遠しいですよね。大谷翔平選手の昨シーズンのプレイは、 同じような選手が同じように投げて打っての繰り返しをしているという感じではなかった。今までいなかった異色の選手が、ここ100年間見なかったような事をやってのけている。大谷翔平選手の容姿には、 女性ファンも増やす事となったのではないでしょうか。これからも、大谷翔平選手のことを応援し続けます。大谷翔平選手のことが大々的に報道されたとしても、 フランス国民全体の認知度はおそらくとても低いのではないかなと思います。

まぁ、日本人がクリケット界のスーパースターの名前を知らない人が多いと言うのと同じかもしれませんね。大谷翔平選手のファンが世界的に増え続けるだろうね。以前、アップトン選手が大谷翔平選手のことを“ビートルズ”だと例えていた事があったよね。大谷翔平選手のことを目指して女子が突進してきたら、 水原一平さんだけでは危険かもしれませんね。大谷翔平選手は、VIP対応しなければならない、前代未聞の野球選手ですよね。大谷翔平選手の事が大好きです。野球にはあまり興味がありませんでしたが、 毎日大谷翔平選手のプレイをみることが日課となる程です。来シーズンも、 大谷翔平選手にはケガ無くフルシーズンプレイして欲しいと強く思います。昨シーズン大活躍の大谷翔平選手は、 野球の知名度があまり高くない国にまで影響を与えているという事ですね。 これはメジャーリーグにとっても救世主と言えるのではないでしょうか。アメリカンフットボールやバスケットボールに比べて、おじさんのスポーツに思われがちMLBに脚光を浴びさせ、子どもや若い世代の人達の興味をひいたことは効果としてとても大きいのです。